ジェロントロジーが、日本を世界の中心にする。

このタイトル、何? と思われた方も多いと思います。

これは、日本のジェロントロジーの最先端を走っている、東京大学高齢社会総合研究機構では、普通に言われていることです。

異次元の超高齢社会かつ人口減少社会に直面している日本に世界中が注目しています。どの国も、超高齢社会のトップランナーである日本の動向を参考にしようとしています。

しかし、一般の日本人にその意識が低いのは、不思議でもあり、困った問題と言えます。チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られそうです。

ジェロントロジーの復習です。

ジェロントロジー(gerontology)とは、一般的に「老年学」や「加齢学」と訳されていますが、「高齢社会総合研究」や「人生を豊かにする幸せの学問」とも呼ばれています。学際的(幅広い学問や異なる研究分野の横断と融合)かつ実践的な学問で、欧米では研究・教育・産業間の連携が進んでいますが、日本では遅れていて知名度はまだ低い状態です。しかし、近年になり、超高齢社会のトップランナーである日本でも、ようやく大学や研究機関を中心に活動が活発化しており、今後は一気に知名度が向上していくでしょう。

また、ジェロントロジーは実験室や研究室の机上の学問ではありません。超高齢社会・長寿社会の課題解決を志向する実践的な学問(実学)です。地域社会や産業界、また行政との密な連携を必要とします。学問の域を超え、共通の価値観を持って協働する「活動基盤」を形成し提供するのがジェロントロジーと言えます。

たとえば、高齢者にとって便利な自動車はどういうものかという研究を例にとって見ると、センサーや画像認識といった技術だけではなく、まず高齢者の体の変化、判断力及び視覚など、総合的に研究する必要があります。

住宅問題、避難行動の問題、一人暮らしの高齢者や認知症の方のケアの問題など、超高齢社会の設計においては、まだまだ空白の問題域がたくさんあります。どこに空白があるのかを明確にするためには、ジェロントロジーの体系から全体像を把握することが重要です。

日本がいかに超高齢社会を魅力あるものにしていくか、そして超高齢社会を幸せな長寿社会に、かつ幸せな地域共生社会にしていくか、つまり、「課題先進国」である日本が「課題解決先進国」になることによって、日本が世界の中心になるのだと信じています。

最後に、私見ですが、大事なポイントを3つ。
(1)正しい危機感を持ち、スピーディに動く。
(2)世代間の支え合いの前に、まず世代間の交流が必要。
(3)判断基準は、次世代に何を残すか。

日本人のプライドとして、世界に範を示したいですね。
反面教師と言われないように。